どうしても結婚費用が足りない場合はローンを利用する

女性ならば誰もが憧れる結婚式ですが、花嫁衣裳や式の費用・披露宴の費用など、実に多くのお金がかかります。

平均的な結婚式を挙げるにしても、350万円程度の費用が必要であるとされていて、さらに、招待客が多かったり、演出や衣裳を豪華にしたりと、華やかな結婚式になればなるほど、費用がかかることになります。

また、式の前後には、新居への引越しや新婚旅行などもあり、さらにお金が必要となります。
せっかく招待客を呼ぶならば、豪華な式にしたいと考えるものですが、実際のところ、それほど貯金もなく、援助をしてもらうことも出来ないなど、結婚費用が足りないことで悩むカップルも少なくありません。

そんな時には、ブライダルローンの利用が便利です。
ブライダルローンは文字通り、結婚費用をまかなうためのローンで、結婚式や結婚指輪・新婚旅行など、使い道が定められていることがほとんどです。

年齢や年収・勤続年数などの申し込み条件がありますが、保証人や担保は原則不要とされています。
申し込み後審査が行われ、審査に通過すれば、上限額の範囲内で、足りない分の結婚費用の借り入れが出来ます。

例えば、交際中に妊娠が発覚し急に式を挙げることになったので、予定外に結婚費用が必要になってしまったり、こだわりのある結婚式のため、思わず費用がかさんでしまったなど、準備していた資金では足りない場合に利用するカップルが多く、現代ではブライダルローンを利用するカップルも増加しています。

コメントは受け付けていません。