子供同士の友達付き合いはもちろん、ママ友との関係も悩む・・

育児をしていると悩みごとを抱えることも多くなります。
お友達とのお付き合いも、育児中にお母さんが悩ませられることの一つです。

まだ子どもが幼い時期は、お母さんと子どもの2人で過ごしていても何の影響もありません。
これが子どもが成長してくると、そろそろ他の子との交流も必要かなと思うようになります。

公園で、または子どもサークルで、泣かせた、手を出したなどの問題は必ずおこります。
保育園や幼稚園における集団生活に飛び込むに当たっては、悩みや不安を抱えるのが親というものです。

園からトラブルがあったとか、泣いていたと聞かされると、ちゃんと友達と仲良く出来るのかと心配になります。
しかしながら、大人より子どもについては順応性が高く柔軟なので、時間が経つにつれて友達との遊び方を学んでいきます。

しかし、喧嘩をすることもありますし、けがをさせてしまうというケースはあるのも事実です。
ただそれはやむを得ないことです。

まだ小さな子どもにしてみれば、何を自分がやりたいのかが最優先されて行動を判断する基準になります。
行動する時に相手に気を遣うことができるようになるのは、10歳前後になるまでは難しいでしょう。

その他にも、大人の友達やママ友達との関係もやっかいな悩みごとの一つと言えます。

お付き合いを表す「公園デビュー」という呼び名があるほど、育児中の母親にとって友達作りはなかなかすんなり行かないものです。
ママ達が友人になるというのは、子ども同士の付き合いに比べると多くの要素を含んでいるので、実は一番厄介な事になる可能性もあります。

お付き合いをしていくうちに悩むようになったら、我慢をしてはいけません。
嫌だと感じたらちょっと間をあけてみる、今まで喋ったことのない人に声をかけてみるなど、上手く立ち回るようにしましょう。

コメントは受け付けていません。