足りない分は親に援助してもらうしかない!

お互い愛し合い婚約・結婚をした人にとって次に大事にしたいのが結婚式ですよね。
今ではマタニティーウェディングやお子さんと一緒に式を挙げる人も多い時代です。

規模やスタイルにもよりますが、結婚費用は想像以上にかかってきます。
計画的に式に向けて貯金をしているカップルにとってはそこまで困難ではありませんが、マタニティーウェディングのように急遽式を挙げることになったカップルや仕事上大規模な挙式・披露宴を行わなければいけないカップルにとって、結婚費用は相当な負担がかかります。

今の時代、楽婚といった費用を抑えて挙式を行うことができるプランもありますが、それでもどうしても足りないカップルはローンも組めるので、とりあえずローンで式を挙げることができます。

しかし今後の家族設計や経済的な面で考えると、少しでも貯金はとっておきたいですし無理な出費は誰でも避けたいものですよね。

こういった時に頼りたいのが親の存在です。
ローンを組むよりは親の援助で式を挙げた方がこの先経済的にも楽です。
確かに結婚費用を出してもらうのは気が引けるかもしれませんが、2人の幸せを祝う気持ちを形にしていると考えれば、足りない分だけでも援助してもらうのがベストです。

結婚式を検討しているカップルの皆さん、親からの援助という案はいかがでしょうか?
頼みにくいことかもしれませんが足りない分を親に援助してもらって、素敵な思い出に残る幸せな結婚式を挙げましょう!

コメントは受け付けていません。